お葬式の後の料理の基礎知識

お葬式の料理の意味とは?

お葬式に参列した際に、親せきや身近な人であれば、「この後お食事でも」と遺族から声をかけられることもあるでしょう。このお葬式後の料理は、精進落としのことを指します。かつて親族のような親しい人がなくなると、四十九日の間はお肉や魚を食べることを避け、いわゆる精進料理を食べるという習慣がありました。そして四十九日が経過した忌明けの時に、普通の食事に戻ることを精進落としといいました。今日からは精進料理を食べなくてもいいですよという区切りの意味合いがあったのです。

現代においてはそれがどんどん略式化され、今では初七日の法要の後で出される食事のことを精進落としと呼ばれるようになりつつあります。これは普通の食事に戻るという区切りの意味ではなく、「お葬式がつつがなく終わりました、お疲れさまでした」というねぎらいの意味合いで供されることが多いです。このため、遺族が僧侶や関係者をおもてなしする形で食事が提供されます。

そしてこの初七日ですが、お葬式から1週間を経ずして行うことも多くなってきました。親族の中には遠方の方もいます。そのような人たちに、何度も足を運んでもらうのは肉体的な負担も大きくなります。そこでお葬式を執り行い、火葬をした後にそのまま初七日も引き続き行うスタイルも少なくありません。そのため火葬の日に一緒に精進落としも行うというケースも増加しています。ちなみにこの料理のふるまい方も地方によって若干異なります。例えば火葬をする際、骨上げをするまでにはある程度時間がかかります。この荼毘にふしている間を使って、遺族が精進落としをふるまう地域もみられます。地域的な風習などもあるので、どのようなスタイルで料理が出されるかは相手のやり方に従うのが無難です。

遺族としてお葬式を執り行う場合、だれに声をかければいいか迷うこともあるでしょう。通常はお経をあげてもらった僧侶、親族、生前親しくしていた友人、会社勤めをしていた場合にはその関係者などに声をかけます。お葬式に参列する場合、親しかった人であれば、このように料理を食べませんかと声をかけられるかもしれません。その場合には誘いを受け入れて、ご相伴するのが一般的です。現代の精進落としには新たな意味合いも含まれる傾向があります。まず遺族はわざわざ参列してくれた方たちへの感謝の意を表する意味合いで料理をふるまいます。一方誘われた方は、食事をすることで亡くなった方の供養を行うという意味合いがあります。またお清めという意味合いもありますので、誘いがあった場合には、できるだけ呼ばれるように心がけましょう。

最新投稿